TOP

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組み

ここでは、ファクタリングがどういった金融取引なのか、そうしてどういった状況で役立つものなのかといった基本的な事をまだ知らない方のために、理解度を深めやすい解説をしていきたいと思います。

すでにファクタリングについて充分に理解している方は、特別読む必要はないと思われますがどうかご容赦ください。

売掛金の買い取り

繰り返しになりますが、ファクタリングとは「売掛金債権をファクタリング会社に買い取ってもらう」ことで即座に現金を得ることができるサービスです。
売掛金とは、売上として計上されていて将来的に入金が予定されているものを指します。

メリットばかりではない

ファクタリングは急場を凌ぐための方法としては非常に優秀ですが、考えなしにいつでも気軽に利用できるようなものではないことも理解しておく必要がります。
現在の自分(自社)の状況打破に、本当にファクタリングが最適なのかは、しっかりと見極めた上で利用を決めるようにした方がよいでしょう。

ファクタリングはメリットばかりでないと手をバツにする男性

その理由としては、早く現金が手に入る代わりに、手数料がかかるというデメリットがあるからです。
売掛金の入金日まで待てば満額入っていたはずのものが、ファクタリングを利用することにより少なからず減る、ということです。

しかしそれは考えてみれば当然のことです。売掛金を買い取る時点で、ファクタリング会社は回収という新たな「リスク」を抱えることになります。
スムーズに回収ができれば良いですが、そうはいかない場合も実際には多いようです。
ただでさえお金に困った状況で利用する顧客が多い以上、後の支払いができずに破綻してしまうようなケースは決して珍しくありません。

Point

このリスクを背負う代わりに、ファクタリング会社は手数料を取り、利益を出しています。
仕組みについて理解すれば、決してファクタリングの手数料が不当に高いものではないことがわかるかと思います。

手数料については2社間か3社間かによって相場は大幅に変わりますし、利用するファクタリング会社によっても微妙に違います。
手数料に関する詳細については別途こちらのページで確認してみてください。

各種手数料について

唯一無二の迅速性

ファクタリングのデメリットも充分に理解してもらった上でもなお揺るがないこととして、

「デメリットを考慮してもなお、ファクタリングは唯一無二であり最強の資金調達法」

ということです。
まずなによりも、その迅速性には特筆すべきものがあります。

銀行融資や公的機関による融資はたしかに信頼性も高く、大きな金額の融資を受けることも可能ではありますが、とにかく審査に時間がかかります。
急な状況の変化が起きたときから動きだしたのでは、とてもじゃありませんが間に合いません。
そして当然ながら、金融機関側はそんな状況を考慮してくれはしません。

借金という形と取らずに迅速に現金を調達できる、という点で他の方法とは決定的な違いと優位性を持っています。
保証人や担保が不要という点も手軽さという意味で非常に大きいでしょう。

メリット・デメリットまとめ

黒板に書かれたPOINT

ファクタリングの仕組みを説明させていただきましたが、最後にメリットとデメリットを箇条書きでまとめておきます。
すべてを総合的捉えた上で、利用するかどうかを判断していただきたいと思います。

メリット

  • 現金化までがとにかく早い
  • 自社に対する審査がない(緩い)
  • 保証人や担保が不要
  • 借金ではないので信用情報にも傷がつかない
  • 売掛金回収のリスク回避

デメリット

  • 手数料がかかる
  • 売掛債権の範囲内という金額的制限