TOP

消費者金融

消費者金融についてパソコンで検索する男性

消費者金融は、与信の状態によっては有効で手軽な資金調達法です。
頻繁に少額の運転資金をショートさせている会社にとっては使い勝手が良いでしょう。

ただし、審査は相応の内容で行われるほか、金利が高くて長期分割をさせようとしてくるなど、面倒な問題も多いです。
健全な資金調達法の一つではありますが、ファクタリングに比べるとデメリットも多いように感じます。

消費者金融の審査

消費者金融は、元々はサラーリマンを顧客対象とした「サラ金」と呼ばれていました。
そこから主婦やフリーターも含めた消費者全体向けの貸付サービスでということで「消費者金融」と呼ばれるように変化していったのです。
大手消費者金融会社を中心に、現在はビジネスローンを含めて幅広いサービスを提供しています。

消費者金融の審査内容は、基本的には銀行と大きな違いはありません。
法人に対しては、信用情報と決算の数字を見て融資可能か判断します。

消費者金融でお金の相談をする女性

銀行融資の場合は調達する資金の使途目的も重要な考慮審査対象です。
対して、消費者金融の多くは使途目的が審査に影響することはほとんどありません。

銀行や商工ローンに比べれば審査は緩いですが、赤字決算や創業1年目の会社に対しては、基本的に融資不可になります。
法人による利用は、銀行融資をギリギリ利用できないような規模の会社に限定され、本当に消費者金融を使うのが最善なケースは非常に狭いと言えます。

実際のところ、頑張れば銀行融資やABLなど他の方法での融資を受けられても、面倒な手続きが少なく審査時間が短い利便性から、消費者金融を選ぶ経営者は多いです。

借入残高を増やすデメリット

消費者金融を利用できる事業者の大半は、時間をかけて適切な方法で審査を受ければ銀行融資を受けられます。
スピードや利便性を重視して消費者金融から借入するのは良いですが、その後大きな資金調達が必要になった時に、消費者金融からの借入残高がネックになる場合があります。

同じ少額融資を受けるにしても、銀行で小口融資を受けて滞りなく返済を続けていれば逆に信用はアップします。
しかし消費者金融からの借入残高については、銀行はネガティブに判断するのです。

返済遅延を起こさなければ信用情報の傷にはならないですが、同じ借入残高でも銀行融資と消費者金融では、扱いがまったく違うということを覚えておきましょう。

融資に失敗して真っ暗になる経営者

将来のことを考えれば、時間と手間をかけてでも銀行融資を受けた方が間違いなく良いです。
銀行融資が時間的に難しければ、消費者金融の前にファクタリングを検討するのもよいでしょう。
ファクタリングの手数料を払うのは馬鹿らしいと思う人もいるかもしれないが、それは間違いです。

消費者金融からの借入にもしっかりと利息は付きます。
すぐに返済をすればファクタリングの手数料よりも安く済む場合もありますが、借入の記録が残るというデメリットを考えると、果たしてどちらがよいのか。答えは明白です。

消費者金融は新規客にシビア

銀行や商工ローンにも一部で言えることですが、消費者金融も新規に対しては貸付限度額が低く設定されています。
滞りない返済という実績を積むことで限度額がアップする、という仕組みになっていることが多いです。
数十万円程度に限度額が制限されていては、必要な金額に届かないことも多いでしょう。

厳しい審査を受けて将来の借入にも悪影響を与える可能性があり、その上で少額しか借りられないのであれば、それはもはや利用する価値はほとんどないでしょう。
特に事業投資や仕入れ・外注費など、まとまった資金が必要な場面には向いていません。