TOP

銀行融資

日本銀行本店の外観

銀行融資は資金調達法の代表格であり、ベンチャー企業から大企業まで規模に関係なく活用されています。
銀行融資にはまとまった融資を低金利で受けることができる、というメリットがあります。
決算やキャッシュフローなどを中心に厳しい審査が行われるのがネックですが、銀行融資を利用できる環境ならば、積極的に活用したいところです。

ただし、銀行融資を受けられるような黒字企業であっても、場面に応じてファクタリングを併用することもあります。
ファクタリングとの違いにも触れながら、銀行融資について説明いたします。

銀行は過去の実績を重視する

銀行融資を利用する場合、基本的に直近最低でも2期分の決算書を提出することになります。
銀行の行う審査は、将来の収益性よりも過去の実績を重視する傾向が強いです。
資金調達による仕入れや設備投資で収益を上げられることが明白でも、決算の数字が悪ければ審査には通りません。

そして当然ながら、決算を迎えていない創業1年目のベンチャー企業が銀行融資を受けるのは非常に難しいでしょう。
銀行融資は貸付条件が良い半面、審査のハードルが高いという難点があるのです。

税金対策としての側面

銀行融資を活用している企業は、審査に通りやすくするためにも決算の数字を良くして、経費などの数字を調整することがあります。
黒字決算で申告すれば、その分だけ税金の負担も増えます。
適切な利益で申告するのは良いことですが、経費を使うことを抑制して高い税金を払うのは効率の良い経営とは言えません。

ファクタリングは銀行融資に比べて手数料は高いですが、税金対策の側面もカバーしつつ資金調達できるという強みがあります。

借入残高とキャッシュフローを重視

銀行融資の審査では、既存の借入残高とキャッシュフローの状況が重視されます。
このことから、将来的に新たな資金調達が必要になる可能性があるのならば、敢えて銀行融資以外の方法を活用した方がいい場面も出てきます。

たとえば、運転資金がショートした時はファクタリングを活用し、設備投資やまとまった仕入れの必要な仕事を受注した時には銀行融資を活用する、といった使い分けなどです。

銀行融資は時間がかかる

時計と金貨の山

基本的に審査はとても慎重に行われ、行内の複数部署で決済を得られないと融資実行には至りません。
申込内容と審査状況によっては資金調達するまで1ヶ月以上かかってしまうケースも珍しくないでしょう。

時間的な余裕があればよいのですが、緊急性の高い場面ではファクタリングの方が圧倒的に優れています。
銀行融資は時間がかかるだけではなく、待たされた結果融資不可になることも充分にありえます。
それは資金調達の可否で取引先を待たせるなど、多くの弊害を生むだけでなく、結果として時間を無駄にすることとなってしまいます。

「タイムイズマネー」という格言もあるように、銀行融資を検討する際は時間に対しての機会損失やライバル業者の動向なども踏まえて検討するべきです。

決裁権限

審査の基本的な流れを説明します。

  1. 企業から融資依頼を受けた担当行員は、提出された必要書類を分析し融資が可能であるのかを検討します。
  2. 見込みがあると判断したら、会社の将来性や展望なども踏まえ、融資を実行させるために説得力のある稟議書をまとめ、上司、そして本部の審査担当者へ回します。
  3. 引き継いだ審査担当者は提出書類や情報をさらに精査し、そこを通過したら審査部署の上役など、決裁権限のある者が融資可否の最終判断を下します。

各銀行や融資の内容によってフローに違いはありますが、大まかな流れとしてはこういった仕組みであると考えてよいでしょう。
仮に、審査の第一段階である支店などの担当行員とコネクションがあったとしても、この行員にはそもそも決裁権限はないので、融資の可否への影響はありません。

銀行の都合で融資を打ち切られる

バブル崩壊やリーマンショックの際は多くの企業が倒産しました。
不景気によって仕事量が減少した影響もありますが、倒産に追い込まれた企業の多くは銀行からの貸し剥がし(融資打ち切り)による打撃を受けています。

バブル崩壊後の日本の風景

銀行は都合の良い時は擦り寄ってきて「お金を借りてくれ」と頼んできますが、景気の変動などで状況が悪くなった時はあっさり突き放してきます。
お金が必要になったら銀行融資で対処すれば良い、と安易に考える経営は非常にリスクが高いと言えます。

現在銀行融資を利用しているなら、無理して他の方法に切り替える必要はないかもしれません。
ただし、将来に渡って銀行が同じ対応を続けてくれる保証はないので、いつでも銀行融資以外の方法で資金調達できるように情報収集しておくことが大切です。

銀行の審査は近い将来、AI(人工知能)によって自動化される可能性もあります。
古い付き合いを持っていて優遇されている場合でも、AI化など与信システムの変更によって、突然対応が変わってしまう、といった可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

銀行による「貸し剥がし」

日本の長い平成不況をあらわす画像

貸し剥がしという言葉をご存知でしょうか?
1990年代初頭にバブルが崩壊し、日本は長い平成不況へと陥りました。
それまでの好景気には、銀行はとにかく誰彼構わず融資をしまくっていました。貸せば貸すほど儲かるからです。

街角の中小企業の玄関先で、銀行員が頭を下げて「お金を借りてください」と願い出ている場面をみかけたとしても、何ら違和感を覚えないような時代だったのです。
ところが、バブルが崩壊するとそれら貸付はたちまち巨額な不良債権へと変わり、銀行はそのツケの後始末に奔走することになりました。

「貸し剥がし」による強引な資金回収

巨額の不良債権を抱え深刻な状況へと陥った銀行は、自己資本比率を安定化させるために強引な資金回収に着手しました。
それまで積極的に融資を行っていた態度を一変させ、返済期限前にも関わらず融資している資金の一括返済を迫ったり、一方的に融資を減額するなどをしたのです。 これがいわゆる「貸し剥がし」です。

当時は、中小企業や業績の芳しくない大企業の多くが運転資金を銀行の融資で賄っていました。
銀行にとっても優良な顧客だったはずですが、こうした資金力の乏しい企業が真っ先に「貸し剥がし」のターゲットとされたのでした。
たとえ何の問題もなく返済を行っている企業であろうとも、それまで友好的な関係であっても、それは無慈悲に実行されました。

無情な貸し剥がしを受け資金繰りが困難になった企業は次々に倒産、さらにそこから連鎖倒産を引き起こし、黒字倒産も続発する事態へと発展してしました。
バブル崩壊直後、ただでさえ経営は苦しく運転資金の調達が必要な状況下で「貸し剥がし」とくれば、それは企業にとって死刑宣告をされたことに等しいでしょう。

今もある「貸し剥がし」

銀行が強行した「貸し剥がし」は大きな社会問題となました。
「倒産に次ぐ倒産」という悪夢のような状況を生んだこの連鎖は、平成という時代に暗い影をおとした要因のひとつと言っても過言ではないでしょう。

そして、銀行による貸し剥がしはバブル崩壊の混乱時以降、いまもなお行われています。
最近でもっとも多く頻発したのが、「サブプライムローン崩壊」「リーマンショック」の時でしょう。この混乱時、都市銀行・地方銀行問わず貸し剥がしが積極的に行われていました。

貸し剥がしを受けた企業はリファイナンスで危機を回避するしか手段がなく、債務の借り換えができなかった会社はことごとく倒産していきました。
このように、金融危機や金融事変があれば銀行は容赦なく「貸し剥がし」を行うのです。

決して過去の物になった訳ではなく、経営者であれば今後いつ自分が貸し剥がしの当事者になってもおかしくない、と言うことを認識しておきましょう。

Point

また、金融庁では貸し剥がし・貸し渋りに関するホットラインを設けているので、相談窓口の存在についても認知しておきましょう。

http://www.fsa.go.jp/receipt/hotline/index.html

融資とコネや人脈の関係

コネや人脈は融資に関係あるのか?

一般的に審査が厳しく、特に零細会社や中小企業にとっては実用的ではないとも言われる「銀行融資」。
利息年率が低いことは大きな魅力ですが、都市銀行からの融資ともなると、審査のハードルはかなり高くなっています。

審査には会社の財務状況を表した財務諸表をはじめ、今後の事業内容や返済計画を記した事業計画書や資金繰り表といった、会社の状況を丸裸にした書類の提出が必要で、これをベースに融資の可否の判断が下されます。

それだけではなく、納税状況や自己資本率、担保、経営者の素質など信用に関わるものは徹底的に調査されます。
しかしその一方で、「コネや人脈さえあれば審査は通る」と言った噂も耳にしたことがあるのではないでしょうか。

実際にコネクションさえあれば銀行融資を成功させることが可能なのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

コネと人脈とは?

銀行融資の可否に関わるようなコネや人脈とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。
いくら銀行の関係者と付き合いがあると言っても、新人社員や平社員との親交程度では、影響があるとはまず考えられません。

また、支店長以上の影響力を持った関係者とつながりがあるとしても、「知り合いの知り合い」や「お客さんの義理の兄弟」のように関係性が遠ければ、それは強力なコネとは言い難いでしょう。

コネ融資は存在するのか

前項で挙げた強いコネを実際に持っているとしましょう。
そして、会社の業績から考えると、銀行融資を受けるのは難しい状況だと仮定します。
結論を言うと、銀行融資は難しいです。一般論になりますが、コネや人脈で銀行融資の審査が有利なる事はありません。

まず原則として、銀行はコネによる融資を禁止しています。もちろん、審査に便宜を図ることを含めて、です。
そして審査決裁の仕組み上、コネクションが介入すること自体が困難とも言えます。

コシ・トラスト事件

コネによる融資はない、と結論付けましたが、過去には実際にコネ融資が行われていたこともありました。
2009年に起きた「コシ・トラスト事件」は、その代表的な例です。

三井住友銀行が新興不動産会社「コシ・トラスト」に巨額の融資金を騙し取られたこの事件。
三井住友銀行はコシグループに対してなんと総額612億円もの融資を行っていたようですが、このうちの約170億円が焦げ付いて回収不能になりました。

知名度もなく大手企業でもないコシ・トラストが、なぜメガバンクから巨額な融資を受けることができたのか?
それは銀行の紹介融資、つまりコネ融資を利用して現金を引き出したからだったのです。

知り合った三井住友の行員を高級クラブや風俗店で接待し、さらに家賃を肩代わりするなどして囲い込み、この行員と共謀して巨額の資金を引出したのです。
この詐欺事件をきっかけに、銀行ではコネ融資が全面的に禁止となりました。
被害額も多額だったため、銀行内でのチェック体制も厳しく強化され今日に至っています。